コウモリ駆除を行なうにはプロによる専門の技術が必要

男性

建物への被害

シロアリ

シロアリは木材を食べてしまう害虫です。家にシロアリが入り込んだ場合、家具を食べてしまうことや壁など建物自体を食べてしまうことがあります。シロアリ被害の初期段階では見た目にあまり変化が見られないことがありますが、ときどきキシキシというシロアリが木をかじる音が聞こえることや、家具にぱらぱらと食べかすが見られることがあります。もっと酷い状態になると簡単に家具や壁がぼろぼろと崩れてしまうことや、建物の強度に問題が出ることもあるので、業者に依頼して対策を行ないましょう。既にシロアリが入り込んでいる場合は駆除を行ない、予防対策もしっかり行なってもらえます。
内部に入り込んで木を食べるため初期の段階ではシロアリがいるのか気づきにくいことも多いですが、被害が進んでくると床のふみ心地が柔らかくなることや、外から入って来た様子はないのに室内にシロアリがいることなどがあります。少しでもおかしいなと思ったら業者を呼んで対策を行なうことが必要です。業者に対策依頼をすると初めに現状の視察を行ないます。シロアリがいる疑いのある部分を丁寧に調べ、被害状況を把握します。調査は室内だけではなくベランダや庭などの屋外も行ないます。屋外には木材がないという家の場合でも、ダンボールなどちょっとしたところに発生することも多く、家のすぐ近くにいるものは簡単に室内に入って来てしまうため注意が必要です。調査を行なった後にはどういった対策方法が適しているのか、どういう流れで行なっていくか説明されます。対策をきちんと行なうことで被害を最小限に食い止めることができ、当分は被害が出ることはありません。もしも駆除を行なったときに見落としがあった場合でも保証期間内では無料で対策してもらえるため安心です。