コウモリ駆除を行なうにはプロによる専門の技術が必要

男性

許可を得て行なう

鳩

鳩による被害は糞害や騒音の被害など様々です。鳩はイタチなどの害獣に比べて危険が少ないため自分で駆除を行なおうとする人も少なくありませんが、鳩は鳥獣保護法によって守られているので注意が必要です。もしも自分で鳩を駆除しようと思い傷つけてしまった場合には法律によって罰せられてしまいます。鳩の被害に悩んでいるなら業者に依頼して駆除してもらいましょう。業者はきちんと許可を取って駆除しているため法律違反をすることはありません。業者に駆除を依頼することは、法律を守れるということの他に被害の再発を防げるというメリットもあります。鳩は非常に賢い動物なので、一度住みついてしまった場所は安全なところだと長いこと覚えています。そのため追い払った後でも簡単に戻ってきてしまいますが、業者に駆除を依頼すると再び来ることを防ぐ対策を行なってもらえるのです。業者が行なう対策方法として、ネットを使用するものがあります。ベランダなどにネットを使用することで鳩が入ってこれなくなります。ネットが使用できる場所というのは限られていて階段などには使用しづらいものですが、そうした場所ではトゲトゲしたグッズを足場になるところに設置することで鳩が降り立つのを防ぐことが可能です。それぞれ場所によって効果的な方法は異なりますが、業者ならきちんと状況に応じた対策を行なうため安心です。このように業者に依頼すると効果的に対策を行なってもらえますが、鳩が家に住みついている人の中には別に気にならないからといって駆除を依頼しない人もいます。しかし、被害はその家に住んでいる人だけではなく周囲の住民にまで及んでしまうのできちんと依頼することが大切です。